オルガネタ嫌いな人でも『オルライブ!』は騙されたと思って見てほしい



「止まるんじゃねぇぞ…」



この言葉一度は耳にした人も多いのではないでしょうか。

アニメ『鉄血のオルフェンズ』の登場人物、オルガ・イツカが死ぬ間際に残したセリフです。

2017年からこのオルガネタが広がり、他のアニメの世界にオルガを登場させるMAD動画(通称:異世界オルガ)が次々と投稿されました。2019年になってもその勢いは止まらず、日々新しい異世界オルガが投稿されています。



旬のお笑い芸人とかでも1年ほどでブームは終わることが多いのにオルガは2年も続いている。凄い・・・

オルガの人気が伝わりますね。



このように異世界オルガは多くの支持を得ています。


その一方で「純粋にオルガが好き!鉄血のオルフェンズが好き!」といった原作ファンの人からしたら近年のオルガネタは嫌いかもしれません。

ファンの人以外でもMADの流れがワンパターンすぎてつまらないという理由で嫌いな人もいるのではないでしょうか?

そんな方々におすすめしたい異世界オルガがあります。


その名も『オルライブ!


オルライブだけは騙されたと思って見てほしいと思い今回の記事を書きます。




オルライブとは

マーサさんが2018年08月05日よりニコニコ動画に投稿を開始した異世界オルガ。

あの大人気アニメ『ラブライブ!』 × 『オルガ』という異色の組合せになっている。

2019年02月17日現在は19本の動画が投稿されている。

1期(1話~13話) 2期(1話~6話)






オルライブの魅力

①オルガとμ’sの会話が自然

オルガとμ’sメンバーが名前で呼び合います。

穂乃果が「オルガ!」と呼ぶこともあれば

逆にオルガが「ことりちゃん」と呼ぶことも。

この名前を呼び合うという編集があることで会話のやり取りが自然になります。




②定番セリフだけではない

  • 「止まるんじゃねぇぞ…」
  • 「俺は鉄華団団長、オルガ・イツカだぞ」
  • 「俺ならどうにでも殺してくれ」

異世界オルガではこれらの定番セリフが頻繁に使われています。

口が悪くなってしまいますが、「このセリフ使っとけばみんなおもしろがるでしょ?」といった感じでこれらの有名セリフを馬鹿の一つ覚えみたいに繰り返し、会話の流れが強引なMAD動画も多々あります。

オルライブでは、その場その場でしっかりと会話の流れに合うセリフを使用しています。全50話もある『鉄血のオルフェンズ』からぴったりのセリフを抜粋し、会話の流れを壊さないように作成するマーサさんの努力がうかがえますね。




③異世界オルガの常識を破るストーリー

異世界オルガとは如何にしてオルガの死亡シーンに繋げるかというのが主軸のMAD動画です。

そのため1本の動画の中で複数回死亡シーンがねじ込まれるのが一般的。

極端に言えば動画時間の半分はオルガ死亡シーンといっても過言ではありません。



それが異世界オルガの常識・・・



しかし『オルライブ!』はその常識を覆します。


あのオルガが1回しか死なない話数があるんです。(※普通人間は1回しか死にません)


オルガの死亡シーンが主軸の異世界オルガにおいてこの回数は異常。

これはオルガの死亡シーンに頼らずともおもしろいストーリーになっている証拠といえるでしょう。




④謎の感動

『オルライブ!』1期最終回では謎の感動を味わえます。

ギャグが基本の異世界オルガでまさか感動するとは筆者も予想していませんでした。

この謎の感動を皆さんにも是非味わってもらいたいです。





総括

『オルライブ!』は自信をもって名作オルガと太鼓判を押せます。

最新話が投稿される度にマーサさんの丁寧な編集とシナリオ構成に脱帽します。

騙されたと思って『オルライブ!』をご視聴していただければ嬉しいです。

以上、ふゑや(ふるや)でした。



最新情報をチェックしよう!