桜島麻衣 かわいいシーンTOP10【青ブタ】



 
こんにちは。ふゑや(ふるや)です。

麻衣先輩ってかわいいですよね。


『青ブタ(青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない)』のメインヒロイン”桜島麻衣”先輩。

コミケでは関連グッズが即完売したり、問題ではありますが劇場版の入場者特典やイベントでの麻衣さんグッズが転売されたりと、2018年〜2019年にかけて一番人気なヒロインといっても過言ではないほど大人気のヒロインです。

私も大大大好きでベッドを麻衣さんだらけにしてます。



12月02日は麻衣先輩の誕生日!!


というわけで、本日は上述のように最高なヒロインである麻衣先輩のかわいいシーンを僭越ながら私の独断と偏見でランキングにしました。


どのシーンが1位に輝くのか!?あのシーンは入っているのか!?

是非予想しながらお楽しみください。







10位:教室でのお弁当


13話

ここなにが凄いのかわかりますか?





正解は机の数。


筆者も学生時代友達と一緒に教室で食べてましたが、机を繋げて食べてたんです。

机をくっつける手間はありますが、その方が広いですからね。


でも麻衣さんと咲太、机一個で食べてる。超近い。

この机ひとつで一緒に食べている描写だけで、麻衣さんが咲太のこと好きな気持ちが余裕で伝わる。

さりげないですが、凄くいいシーンだと思います。





9位:(双葉が咲太の家に泊まるの)ダメよ


7話

超わかりやすい嫉妬。これがいい。


しかも普通に言っているのがまた良い。

照れながらとかでもないですし、怒りながらでもない。

多少は怒っているでしょうが、それよりも「ダメよ。当たり前でしょそんなこと?」みたいな普通のことでしょ感で冷静に言ってました。



普通の当たり前のことだから、恥ずかしがったり怒ったりではなく冷静に言う。



ここに麻衣さんの魅力がさりげなく出ていると思います。





8位:言うのが遅い


13話

咲太とけんかして、そんな咲太が金沢まで会いにきて誕生日おめでとう。


それに対して「言うのが遅い」


いいねこれ。実に麻衣さんらしい。

そしてなにより絶対内心、喜んでるよね麻衣さん。

それを表に出さないでいるところのかわいさなんですよここは。



絶対嬉しいのにそっぽ向いて「言うのが遅い」


くぅ~~そそるぜこれは。





7位:今ER●いこと考えてるでしょ?


2話

えっちぃの全然平気よみたいな態度で咲太からかう → 咲太に予想を上回る変態で返答される → 照れたり、むすっとする



この一連の流れが最高すぎます。


えっちぃの平気じゃないのに平気に装う大人の女性力が最高にかわいい。





6位:妹のTVを観ている



  • 普通にしている顔
  • 妹を気にしているお姉ちゃんなところ
  • 肩のあいた服から見える白の下着

こういったところが凄く良いシーンだなと思います。

さらにもう一つ、妹よりも私の方が可愛いと言っちゃうところも良いですね。


作中でも麻衣さんと咲太で語ってましたが、ここで謙遜しないで堂々と私の方がかわいいといってのける麻衣さんがホント好き。







5位:呼び捨て解禁


2話

呼び捨てにするという一大イベントを麻衣さんらしさを残しつつうまく描写したシーン。


待っていて焦れてるところもそそる。





4位:喜ぶな・・・



「喜ぶな」と言ってほっぺつねる。

それに喜ぶ咲太に対してさらにもう一度「喜ぶな」



この2回の言い方が瀬戸さんも少し演技を変えられていてすごく印象に残ったセリフです。


この真夜中の薄暗い部屋で囁くような感じで「喜ぶな」


もうたまらないです。





3位:お腹が鳴る


1話

お腹がなることで、思春期症候群の怖さを描写しつつ、麻衣先輩のかわいらしさってのも滲み出してるシーンなんですね、ここっていうのは。

1話って全体を通して麻衣さんの印象は


  • 大人
  • 強気
  • 美しい

たぶんこれがほとんどだと思うんです。


もちろん13話全部見たら、かわいらしい面も知ってますが、少なくとも1話初見では上記の方が先行したと思います。


でも最後にお腹がなることで、麻衣さんてかわいい面もたくさんあるっていう片鱗となっているんですね。



そして何といっても、作品の続きを気にさせるラストを演出している。


1話って視聴継続の基準になる話。

そこのラストでしっかりと物語に視聴者の興味を持って行かせたっていうヒロインとして完璧なお仕事だったと思います。





2位:軽蔑の眼差し


4話

麻衣先輩ルートが終わり、古賀ちゃんルート開始。

これって古賀ちゃんを可愛く見せよう、ファンにさせようと開始する古賀ちゃんにとって1話目となる話。

そこで、この軽蔑な目で怒ってからの



「なんで言い訳にこないのよ」


くぅ~~もう最高だよ。最高すぎるよ麻衣先輩。



「なんで言い訳にこないのよ」



最高だねこのセリフ。


このセリフで古賀ちゃんに浮気しそうになった人も麻衣先輩に心鷲づかみにされたのでは?


それくらいこの「なんで言い訳に来ないのよ」って言い方、言葉のチョイスがもうえぐいわ。





1位:私の機嫌を取りなさいよ


6話

私が選ぶ麻衣さんの一番好きなシーンは6話でバニーガール姿で勉強を教える麻衣さんです。


ここに麻衣さんのすべてが詰まっているといっても過言ではない。私はそう思ってます。


それほどこのシーンが一番好き。解説します。


  • 麻衣さんといったらバニーガール
  • 「私と同じ学校に通いたいわよね」
  • 「たまには餌をあげた方が良いと思った」
  • 「私の機嫌を取りなさいよ」



麻衣さんといったらバニーガール

これは言わずもながらでしょう。

麻衣さんといったらバニーガール。




「私と同じ学校に通いたいわよね」

麻衣さんの頭の良さだったり、仕事しながら大学行く意識のかっこよさだったり、私と同じ学校に行きたいほど私のこと好きでしょっていう強気の態度が描写されている。


これはいいですね。このセリフだけでもういろいろな麻衣さんの魅力がモリモリ。




「たまには餌をあげた方が良いと思った」

この言い回しですよ。


「”餌”をあげたほうが」っていうこの言い回しが狂おしほど好き。



青ブタってこういった独特な言い回しというか会話劇が売りでもありますよね。

ヒロインである麻衣さんも同じく言い回しや会話劇に特徴があって売りなポイント。

それが色濃く出ていると思います。

ほんとこの言い回しがえぐいほど好き。




「私の機嫌を取りなさいよ」

嫉妬しちゃって甘えてるのに命令口調。

→麻衣さんの良さが最大級で描写されてますよこれは。



さっきのとも共通しますが、言い回しという点でも良き。




といった感じで、6話のバニーガール姿で勉強教えるシーンには麻衣さんの魅力が、つまりにつまっていて一番好きなシーンです。





総括


ランキング考えたけどほぼ無意味でした。



だって麻衣先輩がかわいくないシーンなんてないんですもん。


 
麻衣さん誕生日おめでとう!


最新情報をチェックしよう!