2019春アニメ【ヒロインランキング】(9話~10話)




ふゑや(ふるや)です。

本記事は私の独断と偏見で今週好きだったヒロインをランキングにしました。



前回のランキングはこちら↓

2019春アニメ

2019春アニメ【ヒロインランキング】(8話~9話)

2019/06/02  


エントリー

◆雪白 七々子【川柳少女】(10話)


◆花買 タオ【川柳少女】(10話)


◆大月 琴【川柳少女】(10話)


◆島津 澪【この世の果てで恋を唄う少女YU-NO】(10話)


◆古橋 文乃【ぼくたちは勉強ができない】(10話)


◆緒方 理珠【ぼくたちは勉強ができない】(10話)


◆武元 うるか【ぼくたちは勉強ができない】(10話)


◆小美浪 あすみ【ぼくたちは勉強ができない】(10話)


◆仙狐さん【世話やきキツネの仙狐さん】(9話)


◆シロ【世話やきキツネの仙狐さん】(9話)


◆高円寺 安子【世話やきキツネの仙狐さん】(9話)


◆堀江 青【淫らな青ちゃんは勉強ができない】(10話)


◆本田 透【フルーツバスケット】(9話)


◆一里 ぼっち【ひとりぼっちの〇〇生活】(9話)


◆砂尾 なこ【ひとりぼっちの〇〇生活】(9話)


◆本庄 アル【ひとりぼっちの〇〇生活】(9話)


◆ソトカ・ラキター【ひとりぼっちの〇〇生活】(9話)


◆倉井 佳子【ひとりぼっちの〇〇生活】(9話)


◆鳳月 さとわ【この音とまれ!】(10話)


◆来栖 妃呂【この音とまれ!】(10話)





5位:小美浪 あすみ【ぼくたちは勉強ができない】(10話)


10話で本編に初登場したヒロイン「小美浪 あすみ」

そんな彼女の魅力は

☑先輩ヒロイン

☑年上ロリ

☑メイド服

☑軽蔑の眼差し

出会いのシーンで中学生に思われて軽蔑の目でにらむシーンが良かったです。

にらみ顔ヒロインが好きな私にとっては最高のご褒美でした。ごちそうさまです!


予備校での授業の受け方のコツを主人公や他のヒロインたちに教える姿も先輩キャラとして立っていました。


文乃をからかう囁きや最後のケッチャップ文字など小悪魔的な要素も好きですね。



4位:島津 澪【この世の果てで恋を唄う少女YU-NO】(10話)


地下深くの洞窟で2人きり・・・そんな状況でパイタッチや水にぬれて下着姿になってしまったりなどシチュエーションが最高でした


助からないと悟り最期の思い出にとキスをせがむ姿はえっちぃかったです。


そして主人公のたくやが唇ではなくおでこにキスをして

「最期じゃない。絶対に助かる。」

と言い、それに対して澪がニコッとするシーン。

「(ああ、たくやのこういうところが好きなのよ。)」という澪さんの心の声が伝わる笑顔でした。



疲れて眠るシーンでは呼吸による体の動きが良かったですね。

特に呼吸で胸が動くのが地味なフェチシーンだと思いました。



3位:花買 タオ【川柳少女】(10話)


普段クールな性格であり、七々子とエイジのことを「バカップル」というなど川柳少女のヒロインの中では物静かな女の子。

そんな彼女が肝試しでビビりまくる姿がほんと可愛かったです。

タオは占いをしており言わばオカルトな女の子なのに一番肝試しで怯えているのが笑えましたし涙目が愛くるしい。

七々子とエイジのことを怖がらせる仕掛人側だったにもかかわらずタオ自身が怖がりましたという裏背景も普段のクールさとのギャップが良かった。




2位:来栖 妃呂【この音とまれ!】(10話)


彼女は2年生であり琴の経験もあるので1年生のヤンキー素人部員の指導をしていたのですが、1人の部員(水原 光太) の練習がうまくいかない。

上手に演奏できないコータは

「俺がみんなの足を引っ張っている・・・」

と落ち込みます。


一方の来栖さんは

「なんでできないんだろ。私の指導が悪いのかな・・・」

と一人悩みます。



そんな中、合宿が始まりました。

山奥の宿で練習をする筝曲部でしたがそこでもコータの練習がうまくいかず、

「違う!また間違えてる」「遅い!」

と来栖さんに言われてしまう。



そして練習が終わり、お風呂も終わり、みんなが寝静まった夜

サービスシーンごちそうさまです

コータが部屋からいなくなりました。

「練習が嫌になって家に帰ったのではないか?」

「こんな時間にこんな山奥を1人は危険だ。彼は大丈夫なのか。」

筝曲部のみんなが必死に山奥を探し回ります。



無事にコータを見つけました。彼は嫌になって帰ったわけではなく、みんなの足を引っ張らないように一人で自主練をしていたのです。



コータは嫌になったわけではないし、山奥でも無事だったということを知った来栖さんの目には涙が


「私がきつく言ったせいで嫌になったのかと思った。無事でよかった。」


そんな思いからわんわん泣くんです。

彼女は初登場時、こんな表情をして


この筝曲部の仲をぶっ壊してやろう。みんなで仲良く青春ごっこしているこいつらが嫌い。こういった思惑がありました。

そんな彼女が部員の安全を心配する、辞めたんじゃないかと不安になり泣く。

彼女の成長というか本来の彼女の優しが見えた素敵なシーンでした。


今回の合宿はお金がないから学校でやろうかとなったときも「それじゃ雰囲気でない。ちゃんと泊まろう」と言ったりしているところを見ると、青春している筝曲部を壊そうとしていた来栖ですが実は一番青春を夢見ていた女の子なんだなと思います。

そしてコータを指導する、コータの安全を心配する姿は良き先輩、お姉さん感がありとても可愛かったです。

初登場の胸糞回がウソのような可愛さでした。

この音とまれ!を見るなら【FOD】



1位:鳳月 さとわ【この音とまれ!】(10話)


今期の私の推しヒロイン。いや、今期どころかここ数年の中でもトップクラスで推しているヒロイン。鳳月さんが1位です。


まず冒頭の部室での練習シーン。

ポニーテール鳳月さん可愛い。


普段はロングストレートの彼女ですが時期が夏ということもあり初のポニーテールを見せてくれました。

ヒロインが普段と違う髪型すると萌えポイントが高すぎる説が実証された瞬間だと思います。



その日の練習帰り、部員みんなで歩いていると主人公の久遠愛がパピコを食べ始めます。 それを物珍しく見つめる鳳月さん。

彼女は琴の家元でお嬢様。

4話でもんじゃ焼きを初めて知ったように世間一般の食べ物に疎い鳳月さんはパピコも知らない様子。それに気がついた愛は半分分けてくれるんです。


パピコなどの分裂できるアイスを分け与えるシーンは正直よく見るありきたりな青春シーン。テンプレです。

ですが今回のシーンというのはパピコを知らない鳳月さんが食べる。愛を筆頭に部員と触れ合うことで、家元のお嬢様から普通の女の子になっていくという背景が感じられるシーンになっているんです。

ただのテンプレシーンにならないシナリオの高さ。このシナリオが相まってただでさえ可愛い鳳月さんが更に魅力的に見える。そんな場面でした。





上記のとおり鳳月さんの魅力は数多くあります。

そのなかでも重要なのが

☑黒髪ロング巨乳


お待たせしました。彼女の巨乳が栄える待望のお風呂シーンです!!


さとわちゃん好きな私にとっては今年一番のご褒美シーンをいただきました。

このシーンに関しては語る必要はありません。ただただ眼福。最高の瞬間でした。




来栖だけでなく私もコータに言い過ぎたと謝る姿も性格いい女の子でとても魅力的でしたし、合宿の練習で琴を演奏する姿は美しさとエロスがありました。




もう鳳月さんの虜です私は。グッズたくさん集めようと思います。

ほんと今週も美しくセクシーで可愛かった。


[kattene] { “image”: “https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B00IE010RA&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=furuya8-22”, “title”: “この音とまれ! 1”, “description”: “アミュー (著)”, “sites”: [ { “color”: “orange”, “url”: “https://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%81%AE%E9%9F%B3%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%82%8C-1-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC/dp/4088705459/ref=as_sl_pc_as_ss_li_til?tag=furuya8-22&linkCode=w00&linkId=9c92b3c5f3f075bc73bb7f022d2c2f9d&creativeASIN=4088705459”, “label”: “Amazon”, “main”: “true” }, { “color”: “blue”, “url”: “https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00IE010RA/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00IE010RA&linkCode=as2&tag=furuya8-22&linkId=a86b1986847f00947db215886d0e7136”, “label”: “Kindle” } ] } [/kattene]

総括

【この音とまれ!】のヒロイン2人がシナリオ背景も相まって可愛いしかっこいいしほんとヒロインしています。しかも待望のお風呂回でしたし。満足の1位2位独占でした。



そしてここ数話ぼく勉が強いです。

最近毎週のように書いてますがとにかく萌えとギャグが両方とも際立ってきました。文乃の顔芸がどんどん好きなってくるし


デレ顔からのギャグ顔でかかり始めたEDを止めるという演出も凝っていて良かったと思います。

そして来週は再び真冬先生が活躍する模様。ほんとぼく勉ヒロインが好調です。



以上、 2019春アニメ【ヒロインランキング】(9話~10話)でした!




最新情報をチェックしよう!