2019夏アニメ【ヒロインランキング】(4話~5話)



 
こんにちは。ふゑや(ふるや)です。

2019年夏アニメにおいて今週もっとも活躍したヒロイン、もっとも可愛かったヒロインを僭越ながら私の独断と偏見でランキングにして毎週更新している本シリーズ。


前回のランキングはこちら↓



幼女ヒロインから腐女子ヒロイン、魔法少女から魔王ヒロインまで今週も様々な魅力をもったヒロインが活躍していました。今週は今期始まって1番激しいTOP10争いでした。そんな今週は誰が1位に輝くのか!?
是非予想しながらお楽しみください。




エントリー

【ダンベル何キロ持てる?】(5話)

  ◆紗倉 ひびき

  ◆奏流院 朱美

  ◆上原 彩也香

  ◆立花 里美


【ソウナンですか?】(5話)

  ◆鬼島 ほまれ

  ◆鈴森 明日香

  ◆天谷 睦

  ◆九条 紫音


【グランベルム】(5話)

  ◆小日向 満月

  ◆新月 エルネスタ 深海

  ◆林 寧々

  ◆土御門 九音


【まちカドまぞく】(4話)

  ◆吉田 優子

  ◆千代田 桃


【彼方のアストラ】(5話)

  ◆アリエス・スプリング

  ◆キトリー・ラファエリ

  ◆フニシア・ラファエリ


【ロード・エルメロイII世の事件簿】(5話)

  ◆グレイ

  ◆ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ


【可愛ければ変態でも好きになってくれますか?】(4話)

  ◆朱鷺原 紗雪

  ◆古賀 唯花

  ◆南条 真緒


【荒ぶる季節の乙女どもよ。】(5話)

  ◆小野寺 和紗

  ◆菅原 新菜

  ◆須藤 百々子

  ◆曾根崎り香

  ◆本郷ひと葉


【この世の果てで恋を唄う少女YU-NO】(18話)

  ◆波多乃 神奈

  ◆島津 澪


【コップクラフト】(4話)

  ◆ティラナ


【からかい上手の高木さん②】(4話)

  ◆高木さん


【フルーツバスケット】(18話)

  ◆本田 透

  ◆草摩 杞紗


【お母好き】(4話)

  ◆大好 真々子

  ◆ワイズ

  ◆ポータ


【うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。】(5話)

  ◆ラティナ


【女子高生の無駄づかい】(4話)

  ◆田中 望

  ◆菊池 茜

  ◆鷺宮 しおり

  ◆百井 咲久

  ◆山本 美並

  ◆一 奏


【炎炎ノ消防隊】(4話)

  ◆茉希 尾瀬

  ◆アイリス

  ◆プリンセス 火華






10 位 :小野寺 和紗【荒ぶる季節の乙女どもよ。】


CV:河野ひより

幼馴染との関係が完全回復とまではいきませんが、ある程度いつもどおりに話せるようになったところに菅原氏と幼馴染との関係が気になり始めた。


部屋で心落ち着かず暴れながら考えるところがとてもかわいかったです。








9位:曾根崎り香 【荒ぶる季節の乙女どもよ。】


CV:上坂すみれ

5人のヒロインの中でこういってはあれですが一番地味な女の子。クラスメイトから”きもい”とか言われてきた女の子。


そんな彼女が真っ先に幸せをつかむ。


4人のモヤモヤした恋愛描写のあとに部長がきれいに〆る。



独特な恋愛描写の本作においてストレートな恋愛をする部長の存在はいい味だなと感じた5話でした。





8位:吉田 優子【まちカドまぞく】


CV:小原好美

今週もポンコツかわいかった。


ご先祖の化身をお茶の袋にいれたシャミ子。



ご先祖は怒ります。

「なんだあの入れ物は。偉大なご先祖だぞ。超かっこ悪い。威厳が出ない。」



「私のお気に入りの袋なんです。一番ふかふかの袋なんです。この前、落としちゃって痛かったとおもったから。ダサいですか・・・」



ぽろぽろ泣きながら説明するシャミ子がくそかわいかった。



[kattene] { “image”: “https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07SVN5DB5&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=furuya8-22”, “title”: “TVアニメ「まちカドまぞく」オープニング&エンディングテーマ 町かどタンジェント/よいまちカンターレ”, “description”: “shami momo[吉田優子(小原好美)・千代田桃(鬼頭明里)],コーロまちカド[シャミ子(小原好美)・桃(鬼頭明里)・リリス(高橋未奈美)・ミカン(高柳知葉)] コーロまちカド[シャミ子(小原好美)・桃(鬼頭明里)・リリス(高橋未奈美)・ミカン(高柳知葉)]”, “sites”: [ { “color”: “orange”, “url”: “https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07SVN5DB5/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B07SVN5DB5&linkCode=as2&tag=furuya8-22&linkId=b257ab3be58d52be5b0ad626717bfd3b”, “label”: “Amazon”, “main”: “true” }, { “color”: “blue”, “url”: “https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=35BFU7+87B0TU+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00tb684.2bo11b19.g00tb684.2bo12ae8%2Fa19033001247_35BFU7_87B0TU_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fmifsoft%252Fpccg-1808%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fmifsoft%252Fi%252F10456746%252F”, “label”: “楽天”, “main”: “true” } ] } [/kattene]



7位:須藤 百々子【荒ぶる季節の乙女どもよ。】


CV:麻倉もも

荒乙ヒロインから3人目のランクイン。


ついに前回のお話で彼氏候補?の男の子が登場した”もっちん”こと百々子。

今回はその男の子とデート回でした。



デートでのお昼ご飯。2人の合計金額は2,200円くらいだったんですが男の子が「完全な割り勘じゃなくていいよ」と言って200円ほど多く支払いました。

それだけならいいのに、「女の子に支払わせる男子なんて僕に言わせれば論外だよ」とまるで全額支払ってあげたみたいなことを言うんですよ、その男。実際は200円しか払っていないのに。



男性経験のないもっちんの胸中では”男の人ってこうなの??”という疑問が。


その後デートが進み、会話の中でもっちんにはお父さんがいないことが発覚するんです。



そしてデートが終わり帰宅の電車の中。男の子からLINEが届きます。



「俺に弱みを打ち明けてくれたってことは信頼してくれたってことかな。嬉しいよ。お父さんがいないとかそんなこと気にしないでこれからも仲良く接するから大丈夫!」



これを見たもっちん

「きもい」

と言うんです。



この子、性格悪いとかそういう子じゃないんですよ。少なくとも1話~4話見る限りは。


そんな子が「きもい」と言ってしまう。


そこがすごかった。





6位:菅原 新菜【荒ぶる季節の乙女どもよ。】


CV:安済知佳

微笑みながら髪をかきあげる菅原氏めちゃくちゃ美少女でした。


1話~4話もマドンナ的なかわいさ爆発の菅原氏でしたがどちらかというとミステリアスが強かった印象。


そんな彼女ですが今回の5話は過去などにも触れ、これまでよりも表面的にかわいさが出ていたと思います。

荒乙から4人目のランクイン。さすがにこれで最後か、、、!?





5位:本田 透 【フルーツバスケット】


CV:石見舞菜香

  • 今日子さんの母性愛
    • それを語る透の言葉が伝染して草摩家の面々の心を浄化するストーリー
  • 他人の辛い思いを自分ことのように真剣に向き合う透
    • いじめ、失恋、虐待、etcといった重いテーマ
    • 上記のつらいテーマに向き合う透の優しい性格に視聴者も心があったまる

フルバの魅力はここだと思っています。

フルーツバスケット18話、それが顕著にあらわれた回でした。



異性に抱きつかれたり弱ったりすると十二支の干支に変身してしまう呪いをもった一族”草摩家”。18話は虎に変身してしまう少女が登場しました。虎なので髪が黄色なんです。それが理由でいじめられた女の子。

いじめに耐えられなくなり、家出をするんです。そこで透と出逢う。


透は虎になった彼女に噛みつかれて怪我をしたんですが、それでも虎の少女にスキンシップを挑む透。


そこで虎少女のお母さんが迎えに来て


「家出なんかしてみんなに心配かけて。そもそもなんでいじめをお母さんに話してくれなかったの・・・・」


と少女に問い詰める。




「言えなかったのではないでしょうか。いじめられる自分が情けない。いじめられるような自分はお母さんにまで嫌われるのではないかと心配になる。一番嫌なことは大好きなお母さんに嫌われることだから。」



自身の過去を思い出しながら虎少女の気持ちを理解し、代弁する透。

そんな彼女の言葉に虎少女はもちろん、お母さんの心まで浄化する。


フルバの魅力、透の魅力が描写されたシーンでした。






4位:百井 咲久【女子高生の無駄づかい】


CV:長縄まりあ

体が小さいことを周りから言われるのが嫌で、言われないようにグレた女の子。

百井 咲久(あだ名「ロリ」)


グレましたが根は優しくておばあちゃん子な彼女。

あいつら3人(本作の主人公3人、たなばか・ヲタ・ロボ)になんて関わりたくもないというスタンスのロリですが、前回の3話でおばあちゃんと絡みがあったからでしょうか。自分からその3人に絡もうとするんです。


まず最初、3人にポッキー一緒に食べようと話しかけるイメトレをします。


ここがもうかわいいですね。グレても根は優しくて恥ずかしがりやだからどうやって話しかけようかイメトレしちゃう。



そしていざ3人にポッキーをあげる。ヲタとロボは「ロリありがとう」と言ってポッキーをもらいます。


ロリ「ほら田中も」


たなばか:箱に入ってる全てのポッキーのクッキー部分を一気に全部食べる嫌がらせをする。




ロリ泣きわめいちゃうんです。前回の3話からロリのかわいさが止まりません



[kattene] { “image”: “https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07R88D4YS&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=furuya8-22”, “title”: “「 女子高生の無駄づかい 」OPテーマ「 輪! Moon! dass! cry! 」/EDテーマ「 青春のリバーブ 」”, “description”: “田中望(赤崎千夏),菊池茜(戸松遥),鷺宮しおり(豊崎愛生) “, “sites”: [ { “color”: “orange”, “url”: “https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07R88D4YS/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B07R88D4YS&linkCode=as2&tag=furuya8-22&linkId=af83d5d3c57c097762ead25a8c43061c”, “label”: “Amazon”, “main”: “true” } , { “color”: “blue”, “url”: “https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=35BFU7+87B0TU+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pr6b4.2bo11091.g00pr6b4.2bo120c0%2Fa19033001247_35BFU7_87B0TU_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Famiami%252Fmed-cd2-31806%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Famiami%252Fi%252F11579385%252F”, “label”: “楽天” } ] } [/kattene]



3位:南条 真緒【可愛ければ変態でも好きになってくれますか?】


CV:野水伊織

4話の南条さん。アバンから最後まで文句なしのヒロインでした。



まずアバン。普段クールというか、不愛想というか、ツンというかそんな南条さんですが、クラスの委員会決めで図書委員にされそうになり泣きだしそうになるんです。



この泣きだしそうなところを目を見せないで頬と口元だけで描写されるのがかわいかったです。


そんな泣き出しそうな彼女をを見かねて主人公自ら図書委員に名乗り出てくれ、「ありがと」とお礼を言う南条


「ありがとう」じゃないんですよ「ありがと」なんですよ。ここが重要です。”ありがとう”よりも”ありがと”が最高なんです。



アバンだけでヒロインとして強かったです。



~中盤~

  • ゲーセンではしゃぐ南条かわいい
    • 普段不愛想なのでこのはしゃぎかた最高ですね
  • 机に伏せる姿かわいい
    • 眠そうにしてたり、不貞”腐”れてたりする南条さん好きです


そして終盤。お待ちかねの暴露コーナー。



BL大好き腐女子でした。



腐女子モードになってめっちゃしゃべりまくる南条。普段の口数少ないときからのギャップが良かったですし、腐女子モードなるとかけるメガネや目が♡になっているの愛くるしい。

アバンで泣きそうになっていたのも委員会に入ったらBL描く時間がなくなるという理由らしい。




そしてこのジト目。最高ですね。



アバンの泣き出しそうな描写から中盤のゲーセンではしゃぐ姿、そして終盤の暴露してのテンション。

なにもかも最高にかわいい南条さんでした。


これだけでもすばらしい。ほんとにすばらしいんですが、このあとがヤバいんです。暴露したあと主人公がいなくなり1人になった南条。




「あのとき救ってもらっただけで好きになっちゃう私って・・・」

「素直になれないな、私・・・」



BLの対象だけでなく、ちゃんと主人公のこと好きなんですよ。

もう南条のかわいさがたまらないですね。アバンの“ありがと”BLの伏線だけでなかったという展開も非常に良い。


南条さん推しの私としては最高の回でした。



[kattene] { “image”: “https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07PYK92ZK&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=furuya8-22”, “title”: “キャラクター万能ラバーマット 五等分の花嫁 中野三玖”, “description”: “ブロッコリー”, “sites”: [ { “color”: “orange”, “url”: “https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PYK92ZK/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B07PYK92ZK&linkCode=as2&tag=furuya8-22&linkId=83acf7423f28f745e10b24c626635462”, “label”: “Amazon”, “main”: “true” }, { “color”: “blue”, “url”: “https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=35BFU7+87B0TU+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00q63a4.2bo11514.g00q63a4.2bo120ae%2Fa19033001247_35BFU7_87B0TU_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fneowing-r%252Fneogds-352335%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fneowing-r%252Fi%252F12901624%252F”, “label”: “楽天”, “main”: “true” } ] } [/kattene]



2位:本郷ひと葉【荒ぶる季節の乙女どもよ。】


CV:黒沢ともよ

驚異の荒乙から5人全員がランクイン。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』5話マジでえげつない。

その中でも本郷さんがほんとにヤバかった。



和紗ともっちんが歩道で「本郷先輩ってミステリアスだよね~」と話し合っているところを一台の車が通過する。その車内には、、、




いけない関係になりそうな本郷先輩と顧問の男性教師(ミロ先生)が。



和紗ともっちん→車→焦った本郷先輩



この場面転換が最高の描写でした。


ここの演出だけで本郷先輩がめちゃくちゃかわいくてTOP10確実になりました。


そのあとに助手席で体育座りしながら自分の執筆について泣きながら悩むシーンもすばらしい。



そして後日、真昼間の学校でスカートにを捲り上げ、ミロ先生にパンツを見せようとする本郷先輩。


パンツを見せくるくらい余裕では?


と思っていた先輩ですが、、、



「なにこれ。ヤバい。恥ずかしい。」

となり結局パンツを見せることができませんでした。



荒乙5話を視聴していないかたはこれを聞いて、「ただのえっちぃアニメじゃん。」「ただの変態ギャグアニメじゃん。」と思われるかもしれません。


『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の凄いところは上記のシーンがとってもとっても繊細な恋愛描写として入ってくることなんです。



小説家になりたくて執筆を続けているが、編集者にえっちぃ表現が下手と言われ悩む本郷先輩。

どうしていいかわからない、えっちぃ表現ってどういうこと。もがく本郷先輩のカオスな心理描写が伝わる。そしてかわいいシーンとなる。すばらしかったですよ。ほんとは1位にしたいです。1位でも全然良かったですが断腸の思いで2位。







1位:草摩 杞紗【フルーツバスケット】


CV:上田麗奈

異性に抱きつかれたり弱ったりすると虎に変身してしまう呪いをもった少女。

虎ゆえに髪が黄色だったりして学校でいじめられてしまうんです。

そのショックで誰とも口をきかない、しゃべらない女の子になってしまいました。


そんな杞紗ですが、5位の透の言葉や優しさによって彼女に対して心を開き始めます。



出逢ったときは虎の姿で透に噛みついていましたが、すっかりなついた彼女は透にべったり。まるでヒヨコみたいに透の後ろをぺこぺこ歩いてゆきます。その姿がとっても愛くるしかったです。



透のおかげで家出、お母さんとの関係は解決しました。ですが不登校という点、そしてしゃべれないという問題が解決していません。


そんな彼女を完全に立ち直らせてくれたのが由希君。


5位の透でも述べましたが、フルーツバスケットの魅力は今日子さんからの愛を透が草摩家の面々に伝染させるところです

1話から透と出逢い、彼女の強さ優しさを目のあたりにしてきた由希君がそれを
杞紗に伝染させる。


由希君の言葉で涙した杞紗はついに言葉をしゃべれるようになり


透に「お姉ちゃん」と呼びかける。


そして怯えていた表情は決意の眼差しへと変わり、教室の扉を開けようとするラスト。


心があったまる。すばらしいお話でした。

真夏ですが心があったまるのはとってもきもちいいですね。





総括


うち娘のラティナも相変わらずのかわいさでしたし、炎炎ノ消防隊の茉希もポンコツありかっこいいところありで良かった。今週は今期ここまでで一番レベルが高かったです。



そんな中5位と1位にフルバ。

フルーツバスケットは草摩家特有の悩みに焦点を当てた回はヒロインの良さが光ります。いじめにフォーカスした杞紗のお話は心があったまりました。


そして荒乙がえげつない週でした。

 
1話~4話もおもしろかったですが、5話はそれ以上にヤバい。えぐいほどおもしろかったし、ヒロイン5人の魅力が強かったです。


最新情報をチェックしよう!