2020冬アニメ【ヒロインランキング】(4話~5話)



 
こんにちは。ふゑや(ふるや)です。

2020年冬アニメにおいて今週もっとも活躍したヒロイン、もっとも可愛かったヒロインを僭越ながら私の独断と偏見でランキングにして毎週更新している本シリーズ。



前回のランキングはこちら↓




まず最初に謝罪です。

自己都合で恐縮ですが、先週多忙だったため2話~4話の執筆ができませんでした。🙇



サイコパスヒロインやベレー帽ヒロイン、アイドルヒロインやER●Iヒロインなど今週も多種多様なヒロインたちが活躍していました。
今週は誰が1位に輝くのか!?
是非予想しながらお楽しみください。




エントリー

【推しが武道館いってくれたら死ぬ】(4話)

  ◆えりぴよ

  ◆市井 舞菜

  ◆五十嵐 れお

  ◆松山 空音

  ◆伯方 眞妃

  ◆水守 ゆめ莉

  ◆寺本 優佳

  ◆横田 文


【理系が恋に落ちたので証明してみた。】(4話)

  ◆氷室 菖蒲

  ◆奏 言葉

  ◆棘田 恵那


【恋する小惑星】(5話)

  ◆木ノ幡 みら

  ◆真中 あお

  ◆森野 真理

  ◆猪瀬 舞

  ◆桜井 美景

  ◆木ノ幡 みさ

  ◆鈴矢 萌

  ◆遠藤 幸


【ランウェイで笑って】(4話)

  ◆藤戸 千雪

  ◆長谷川 心


【虚構推理】(4話)

  ◆岩永 琴子


【ダーウィンズゲーム】(4.5話)

  ◆シュカ


【22/7(ナナブンノニジュウニ)】(4話)

  ◆なんかたくさんいる


【異世界レビュアーズ】(4話)

  ◆クリムヴェール

  ◆メイドリー


【ソマリと森の神様】(4話)

  ◆ソマリ


【ネコぱら】(4話)

  ◆ショコラ

  ◆バニラ

  ◆水無月 時雨


【バビロン】(12話)

  ◆曲世愛


【オーバーふろぉ】(4話)

  ◆白河 彩音

  ◆白河 琴音


【防振り】(4話)

  ◆メイプル


【へやキャン△】(4話)

  ◆志摩 リン

  ◆斉藤 恵那


【群れなせ! シートン学園】(4話)

  ◆大狼 ランカ

  ◆牝野 瞳

  ◆子守 ユカリ

  ◆獣生 ミユビ

  ◆猫米 クルミ

  ◆斑刃 イエナ


【映像研には手を出すな!】(4話)

  ◆浅草みどり

  ◆金森さやか

  ◆水崎ツバメ






10位:金森さやか


出典:映像研には手を出すな!(4話)

部費の予算委員会までにアニメを作成して納得させなければいけない主人公たち。

クリエイター魂が入ってクオリティを追及している2人に対して金森さんは「これじゃ間に合わねーよ。今日から30日徹夜しろ。」とか言ってはっぱかけたり、一転して「ここはこうして削りましょう」とか具体的なアドバイスをしつつスケジュール管理をやるんですよ。

クリエイターの努力とかももちろんモノづくりには大切ですが、それを管理するのも凄く大事なこと。それを描写する珍しいヒロインなんですよね金森さんは。正直言って見た目は私も好きじゃないですよ。でもこんなことやられたら入れないわけにはいかないので10位!








9位:斑刃 イエナ


出典: 群れなせ! シートン学園(4話)

ハイエナの女の子なんですが・・・産まれてからずっと自分を男だと勘違いしていた超うっかりな子。

アニメ内でも開設されていましたが実はハイエナはメスでも”アレ”が付いているんですw

それを当のハイエナ本人が知らずに「オレはオスだ!証拠を見せてやる」とパンツを全力で脱ごうとする。

→ギャグとしてめちゃくちゃ面白かったです。



そしてラストに自分はメスだと気が付いたときの表情。

とってもよかったです。






8位:鈴矢 萌


出典:恋する小惑星(5話)

きららアニメなので可愛い子が多い、頭身とかも美人とかセクシーとかよりはかわいいが強い本作。今回は水着回でした!

みんな可愛いが強い水着の中で一人飛び抜けてセクシーな水着姿なんですよ萌ちゃん。

下が長い水着で露出が少ないのに逆に一番セクシー度で目立つ凄さが素晴らしい。

そしてそんな大人らしいセクシーな水着姿をしておいて心情面では「みらあお」に嫉妬してちょっと意地悪というか勝負を仕掛けちゃう子供っぽさ。そこも非常にかわいらしくて最高でした。





7位:桜井 美景


出典:恋する小惑星(5話)

先週のお話で、将来の夢を持っている天文組と何も決まっていない自分を比較していた桜井先輩。

今週のお話はそんな桜井先輩の深堀でした。


主人公と一緒に石の展覧会に参加しながら、主人公の無邪気さというかそんな姿でちょっとだけ気分がリフレッシュした模様。

そしてその日の夜、主人公に対してお礼のLINEをしようとするんですが、、、そこでめちゃくちゃ文面を悩むんです。普段は堂々としている先輩がスマホ片手にあたふた悩むところが、なおぼうの演技もあってすっごくすっごくかわいかったです





6位:メイドリー


出典:異世界レビュアーズ(4話)

今期のとんでもないアニメでおなじみの異種族レビュアーズ。

今回もまたとんでもなくって、高熱の種族を鉄板替わりにして焼肉を焼くというとんでもないお店を満喫するんです。巨乳の上で焼肉を焼いたり下半身で焼いたりとホントとんでもない。


そして普通のカルビとかだけでなくウィンナーを注文するド変態主人公たち。それをどこで焼くか。巨乳の上?いいえちがいます。口と下の口にウィンナー入れて焼くんです。

ホントとんでもない。さすがにヤバすぎてそこでギャグ演出を挟み、「しばしこちらの映像をご堪能下さい」とナレーションが入る。そこで映し出されたのが。。。



メイドリーさんの水浴び!



いや、裏でウィンナー2本を焼いてるんですよ。そんなとんでもなくER●Iシーンに対してこの水浴びシーン。

普通なら「あっちを見せろ」となるところが、メイドリーさんの水浴びがもう眼福過ぎてありがとうございます状態になりました。

ほんとやべぇアニメですわコレ。







5位:長谷川 心


出典:ランウェイで笑って(4話)

最初の登場ではビシッと決まったモデルのお仕事で登場してかっこいい女性像だったんですが、その数分後デザイナー側のお手伝いとして再登場。

そして数分前のクールっぽさとは一転してすごく恥ずかしがり屋な感じの女の子でした。このギャップの感じが良かったのと、あとCVが茅野愛衣さんなんです。そこもまたいい。

茅野さんと言えば詩羽みたいにクールな感じもできれば、ごちうさのモカ姉みたいなフワフワしたかわいらしさの塊もできる声優さんですよね。

なので今後この恥ずかしがり屋なかわいさを見せつつ、登場時のクールさも期待できるヒロインだと思います。






4位:市井 舞菜


出典:推しが武道館いってくれたら死ぬ(4話)

今回は人気投票に挑むオタク側とアイドル側というコンセプトのお話でした。

舞菜はファンが少ないので乗り気ではなく、すごくしょんぼりしているんですがセンターで一番人気の”れお”からファンを信じて見てと言われ、えりぴよさんのことを思い浮かべ、やる気を出すんです。

そして結果は3位で最後にファンをえりぴよさんを信じてよかったと笑顔で終わる。

推し武道は舞菜の成長描写が本筋にしっかりあるので舞菜のかわいさ魅力にどんどん惹き込まれます。今回も最初のしょんぼりからの人気投票3位での笑顔の流れが秀逸で、どんどん舞菜が好きになったしまいました。







3位:岩永 琴子


出典:虚構推理(4話)

前回のお話で主人公の元カノを助けてしまった?おひいさま(琴子)

そこから序盤は元カノvs今カノもどきのマウント合戦が開幕するんです。

そこのかわいさが超強い。


琴子のかわいいところの一つが”彼女面”するところ。

その彼女面を元カノのマウント合戦でへし折られ「ぐぬぬ」ってなるのが超絶かわいい。



そして後半では本筋の推理要素でシリアスに事件を調査するかっこよさも健在。

おひいさまは私の推しヒロイン3本の指に入りそうです。





2位:五十嵐 れお


出典:推しが武道館いってくれたら死ぬ(4話)

先ほどの舞菜でもふれたように今回は人気投票のお話、そして五十嵐れお回でした。

しょんぼりしている舞菜に対して「私も人気投票あまり好きじゃないんだよね。でもね、ファンのことを信じてみて」とアドバイス。


正直れおはセンターで1番人気だから上位は既に確定しているじゃないですか。そんな彼女のこのセリフ。これだけ聞くと正直いけすかない感じですよね。

でも実はれおは以前いた他のグループでの人気投票では最下位だったという描写を冒頭にしっかり流しているんです。つまり今の舞菜と同じ境遇だった。


そんな彼女が今やセンターで一番人気になっている。その理由が自分を押してくれているファン「くまささん」の存在。それを舞菜に一生懸命伝えているセリフなんですこれは。


アイドルアニメとして最高のセリフ。


推し武道を見た方からしたら「なんで1位じゃないの?」と言われるかもしれませんね。正直1位にしたいです。一週間前だったら確実に1位です。

でも今週はちょっと手が付けられないヒロインがいたので断腸の思いで2位でお願いします。







1位:曲世愛


出典:バビロン(12話)

賛否両論の最終回だったバビロンのヒロイン『曲世愛』が今週の1位。


批判している方の気持ちも1%は共感できますが。。。正直批判の意味がわからない。バビロンになにを求めているんですか?


悪の曲世愛が最後に負けてハッピーエンドで終わること?

→バビロンというアニメのおもしろさのベクトルからしたらその方が最低な終わり方だと思います。



風呂敷が畳めなかった?

→風呂敷を畳めなかったのは正解するカドです。バビロンはむしろ中途半端に畳もうとせず広げたまま終わったイメージに近いです。これまたバビロンとしては正解だと自信を持って言えます。


出典:バビロン(12話)


バビロン最終回の12話

  • 『曲世愛』の大統領に対しての通話
  • 『曲世愛』の正崎に対しての「悪いんだぁ」
  • 『曲世愛』のCパートラストカットの悍ましさ

これらの怖さや不気味さが凄かった。1話~11話でも 『曲世愛』 は存分に凄かったですが12話はその中でも頭1つ2つ抜き出て恐怖ホラーでした。




  • 曲世愛
  • 善と悪
  • 自殺

こんなに考えさせられた、心になにかを残させられたアニメは久々です。

色濃い作品なので賛否両論で人を選ぶのは確かですが、私は超満足なアニメでした。






総括


 
ふゑや
『曲世愛』このヒロインは一生心に残り続ける自信あります


最新情報をチェックしよう!